押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

 山梨県県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
 山梨県南都留郡道志村はその昔木炭の生産や養蚕等で近隣に名が高く、その品質の高さと豊富な生産量で知られていました。この道志村に久保という地名があり、御堂沢と呼ばれる所には、二つの水車小屋があったそうです。
 ある時、道志の村人が秋山方面の山の峰の方を指差し、大きな声で「秋山の方から道志に向かって大きな大蛇がおりてくる」と叫びました。その時、村人の一人が「金物なら何でもいいから叩け」と叫んだので、村人たちは手近にある金物をカンカン叩きました。すると、大蛇はまた秋山方面へと向きを変え、姿を消したといいます。村人の作戦が成功したのです。今でも、大蛇が通ったという辺りに蛇窪という地名が残っています。
 さて、久保の商人は村で生産された炭や生糸を上野原の市場に運んで生活を送っていましたが、これには大きな苦労が伴いました。道志村から上野原までの道順を記しておきますと、まず厳道峠を越え、道志村の裏側にあたる南都留郡秋山村に出た後、一古沢、田の入りを通り、鶴島へ出て、し船で桂川を渡り、新田から上野原に向かうという道程です。
 久保商人は、上野原の山田屋炭店で木炭を卸し、次に市場で生糸や繭、野菜等を売ってお金に換えました。商いも無事にでき、ようやく昼の食事をとり、同じ道順で道志村をめざしますが、当時、「山の峰」と呼ばれていた厳道峠を日が暮れてから越えるのは難事でした。何しろ人気の無い山の中の事、狼などに襲われないように、昼日中でも荷物を載せた馬や牛の尾に鈴をつけ、チリンチリンと音をたてながら通ります。歩きの時は、背中に風呂敷を背負い、朝まだ暗いうちに銃を担いで久保を出発。峠道にさしかかると、上り始めの中腹で一発、頂上で一発、下る途中で一発、威嚇のための銃声を響かせながら通り抜けたといいます。まして帰りは懐にお金を忍ばせています。猛獣も怖いが、それよりもっと怖いのが、山賊、追剥ぎです。実は、厳道峠には「強盗峠」という、もう一つの恐ろしい異名があったのです。言い伝えによれば、通りかかった商人から金品を奪うだけでなく、身ぐるみ剥いだ後、木の枝に吊し、自殺を装った人殺しも厭わない悪逆非道の一味もいたそうです。夜の峠越えは、久保商人にとって命懸けの難行だったのです。
 時代を下って大正七年頃、久保学校の小沢伝吉という先生が「強盗峠の名を後世にまで残しておくのは土地の不名誉」と、強盗峠に代えて「厳道峠」の呼び名を提唱し、その後この名称が定着したとされています。
 この峠を歩いて帰ったことのある久保商人がこんな話しをした、と伝わっています。
 <上野原で商売をした帰り、秋山村に着いた頃には日もとっぷり暮れてきた。近くに親戚があったので、提灯を借りて峠越えをしようとした。山を登り、頂上に着き「よし、もう半分」と気を奮い立たせながら下り始めた。下りの二曲がり目に大きな樅の木があった。ここが一番、悪党の出没する場所だ。樅の木に吊された人の話も聞いていたから、びくびくしながらその木の下を通り抜け、ほっと一息ついたその時、足元で大きな物音がした。こわごわ提灯を近づけてみると何やら人影のようなものが目にとまった。「でたぁ」とびっくりして荷物を放り投げ、一目散に山を駆け下り、一軒の家に飛び込んだ。わけを話すと、その家の人は「そういうのはよくある事だ」と言ったそうだ。翌朝、その場所に行ってみると、幸い荷物は投げ捨てたままになっていた。胸をなで下ろし例の物音がした辺りを見ると、何と、木の枝が落ちていた。風のいたずらだったのだ。よくよく考えてみると、あの人影は自分の影だと思いついた。何とまぁ、自分の影に驚いて逃げ出した自分の迂闊さが情けないやら、おかしいやら・・・。それでも、夜中に峠越えをして命も金も取られずに済んだのは運のいいことだった。>  
 この厳道峠を越えるのにもう一つ怖い話があります。<飢え死にしてこの峠に葬られた乞食が、亡霊となってこの道を通る人に取り憑いたというのです。足が動かなくなったと話す人がたくさんいますし、厳道峠を越える人は、一度は青い光が飛んでいるのを見たと語り継がれています。当時は土葬が多かったので、人魂がとぶこともあったのでしょう。また、その頃は飢え死にして食べ物を欲しがる乞食、つまり餓鬼がいちばん恐れられていたため、久保商人は上野原に行った帰りには必ず饅頭を買い、峠を越える時にそれを藪の中に投げ込みながら、たたりの無いよう祈ったといいます。「怖いときの神頼み」が峠越えの人々の習わしだったのです。>
 道志村の久保商人は、このような怖い思いをしながら商いを続けていました。上野原に出荷された生糸は主にアメリカへ輸出され、その品質の高さが大好評を博しました。日本の生糸製品、特に靴下を身に着けることは、最高の贅沢とされたそうです。厳道峠にまつわる言い伝えからは、その当時、道志村の人たちが生糸や木炭づくりに懸命に取り組んでいた情景が伝わってくるようではありませんか・・・。
Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.