押田産業のトップページに戻る
取扱商品一覧
備長炭
木炭
竹炭
竹炭工芸品
オブジェ炭(備長炭、竹炭、木炭)
炭で健康住まい
薪 薪ストーブ、暖炉、ピザ焼きに
ご注文、送料について
お問い合わせはこちら
弊社紹介
津久井のご紹介

[津久井の言い伝え] 

1
大自然の恵み豊かな津久井 戦中戦後のスケッチ
2
正覚寺の「狸和尚伝説」
3
正覚寺の夜泣き地蔵」
4
山梨県南都留郡道志村の言い伝え 「厳道峠と久保商人の話」
5
山梨県南都留郡道志村と神奈川県津久井郡相模湖町の言い伝え 「阿弥陀様と地名にまつわる話」
6
石老山顕鏡寺の伝説 岩若丸の悲劇とよみがえりの物語
7
大きな蛇と愛犬との死闘を見た人の話
8
柳田国男先生と正覚寺の話
9
勇気ある地元山岳会員のお手柄
10
「ヘリコプターによる空からの救助作戦」の提案
11
撚糸の町・半原物語
12
相模ダム(相模湖) 建設工事に捧げた先輩に感謝
13
相模川今昔物語
14
.津久井の地名唄巡り
15
孫の笑顔は宝物
16
闘病記・医者に見捨てられて
17
篠原の里の名刹  「月見山福壽院」
18
「地震峠」の教訓を生かし日頃の備えを
19
岩崎吉太郎作品集「湖かがやく」のこと
20
照手姫伝説が残る里
21
.どんと鯉・鯉釣り天狗
22
刻印付き半鐘は地域の宝物
23
.「春の女神 ギフチョウ」を大切に!
24
.幼い日の思い出
25
若き日の夏の思い出
26
地名探求の楽しみ
27
わが町の大名行列
28
私の故郷は道志川下流の「三太の里」 (1) NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
29
幼い命の誕生に乾杯 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
30
初夏の訪れを告げる蛙の合唱 NHKラジオ ひるのいこいで放送されました
31 東北関東大震災に思う
32 道志川の夏
33 ボート遊びに来た親子と出会った話
34 梅や桜の花芽がようやく満開

 

撚糸の町・半原物語

愛甲郡愛川町半原は日本を代表とする撚糸の町として名を高めました。その繁栄の基には、水辺に暮らす先人たちのたゆまぬ努力と創意工夫があったように思われます。
 丹沢山(原小屋沢)に源を発し、半原地区を流れる中津川の水利用に着眼したのでした。明治〜大正〜昭和を通じて、半原が撚糸の町として名声を博したのは、そのお陰であったと言えるのではないでしょうか。
 愛川村はその時代には仕事も少なかった為、農業・林業・養蚕については繭からいとを取り出す(座繰り)糸取り方も多く、地糸として自家用の織物にする為(娘を嫁がせる時に使う着物等を作る為)でした。絹糸へのこだわりを持つ方も多く、繭玉の外側と内側で糸の太さが違うこと等関心も高く、糸の太さも十四中・二十一中・になったりする為、用途により使い分けたとも言われております。
 こうして愛川村半原地区の人々は、更に努力・研究をして撚糸業者が誕生しました。八丁式撚糸機は文化文政年間に岩瀬吉兵衛という人が発明したもので、ちょうどその頃、津久井で川和縞が出来ました。半原で博多織が始まったのは文政年間(一八一八年頃)と言われています。
 この八丁式撚糸機が導入されますと、修理をする人もいなければなりません。幸いにして半原には宮大工や優れた棟梁が多かっただけでなく、水車を作ったり、八丁式撚糸機の修理をしたり、新型機械を考案したりと、創意にあふれた天才職人も多かったそうです。その為、桐生製のものより優れた製品が出来ました。
 その頃、電気がなかったのですが、この繁盛ぶりを支えたのが中津川であり、その水を活用した半原住民の知恵でした中津川は撚糸機の原動力である水車を動かすのに適した水量を持ち、台風時期は別として流速も一定しています。明治二十年、年間を通して安定していたこの水を活用する為、川の両岸に沿った平地に二本の水路を作り、現在も残されております海軍貯水池の取入れ口より下流田代まで、穀物用も含めて約三〇〇機もの水車があったと伝えられています。
 半原地区で使っていた水車のほとんどが木製の水車で、鉄製のタービン式水車はアメリカ人考案のベルトン水車・フランス人考案のフランシス水車・チェコスロバキア人考案のカブラン水車も有ったそうです。大正年間に入り愛川木工という製材所にイタリー式の鉄製タービン水車が入りました。 愛川木工と姻戚関係にあった内藤国蔵さんが購入や設置に協力しました。タービンは製材所の工場敷地内の中程にありましたが、内藤家は撚糸工場を営んでいた為、撚糸工場の動力としても活用されました。但し、このタービンの伝える力はワイヤーで伝え、長さは100メートルもの長い距離まで頭上何箇所もの支柱を立て歯車で連結し、動力に伝達したのが特徴です。また、力もあったが限度もあり、製材機と撚糸機を同時に使用すると力が落ちて困ったこともあったそうです。当時、半原で作っていた製品は主に和服の縫糸・羽織の紐・八王子銘仙等のより糸・ミシン糸・落下傘用紐・帯紐・帯留め等でした。
 この内藤国蔵さんと同じお名前でお孫さんにあたる内藤国蔵さんのお話によりますと、祖父の国蔵さんは津久井の関地区にあった「うえはら」という糸屋に奉公し、その後自分で帯留めや帯紐用の糸を作り八王子や甲州の吉田などへ納めるようになりました。大正七年には神奈川県から水利権を取得し、中津川の日向橋から工場まで専用の堀を引いて水車を回したそうです。この契約書やタービンの図面が今もお宅に残っています。
 また、半原は昔から相模三大養蚕地帯としても知られ、自家用織物手工(手バタ)の経験を持つ人がいた為、糸を扱うことに慣れていました。特に婦女子の場合は代々自家用織物の技術を身に着けていたこともあり、機械等の導入に対する抵抗感も少なかったそうです。
 半原は中津川により大気中に適度の湿気があることも糸を扱うのに良い条件となっていた為、良い製品が出来、国内においても高い評価が与えられました。商い先、主に江戸・桐生(埼玉県)・足利・郡内に接した八王子に商いに行く時にこんな怖い話があったと、半原に住む歴史に大変詳しい古老より伺うことが出来ました。
 <半原で出来た製品を八王子まで商いに行く道順は、半原・久保沢・原宿・山田・八王子という道程です。半原の商人は特に八王子に商いに行く時はピストルを携帯する方が多かった。一反風呂敷にいっぱい製品を包み背負っての峠越え(度々金品等を奪う悪者が出る)、まして昼間でも薄暗い寂しい山道、山賊も怖いが追剥も怖い。そんな時ピストルの出番。追剥等を威嚇する為に峠の中腹で二発、帰り道の峠の途中で一発と、八王子往復で三発の銃声を響かせながら、命懸けの難行だった。そんな怖いことがあっても当時の商いは良かった。>というお話です。
 また、大正十二年に関東大震災に見舞われ、多くの水車が被害を受けたことを忘れることは出来ません。その後半原の撚糸業は、水力モーターに変え、復興を遂げたとされています。
 このように半原は撚糸の町として隆生盛を誇り、撚糸業の旦那衆は熱海や湯河原に出かけて「半原からきた」と話すと、「お代はある時払いの催促無しで結構」ともてはやされたそうです。それほど半原の経済力に信用があったという証拠でしょう。今でも半原の繁栄ぶりを伝える逸話として人々に語り継がれています。
 ところで、中津川と道志殻の水は昔から「赤道を越えても腐らない」と言われています。その為、大正年間国からの助成金により海軍用の貯水池が作られ、横須賀の海軍施設に送られて軍艦等の貴重な飲料水として使用されていました。横須賀へ水を送るのにポンプアップしていたそうです。現在では海抜120メートル〜130メートルから自然流で流して貯水池に一時溜め、横須賀へ送っています。サイホンの原理(落差を利用)です。貯水池は今でも横須賀市が権利を持っているそうです(横須賀市に水を送る水道路も含む)。
 半原では、昭和五十三年には撚糸業を営む方が356軒、下請けと内職が800軒を数え、撚糸に携わる人の数は2270にも上りましたが、現在では撚糸業が109軒、撚糸に従事する方も883人になっています。また、現在では絹糸を扱う工場は少なくり、ポリエステル糸・ナイロン糸を撚ってミシン糸として出荷しています。半原撚糸協同組合専務理事の落合勝司氏のお話では、今では生産拠点の海外移転により中国をはじめ海外から安価な製品が大量に輸入され、これに伴い仕事量の減少や後継者難のため廃業する方が多くなっているそうです。
 町の中を通り抜けると、糸を撚っててる機械の音が耳に心地良く感じられ、今だに裏道には水車小屋が有るのかと思うほど昔日の面影を残す川辺の町、それが半原です。私は最近、地元の古老の紹介で木藤正行さんにお会いしました。木藤さんは自分流に作った水車を見せて下さいました。少し大きめの立派な水車でした。半原の先人にはきっと木藤さんのような立派な大工さんが多かっただろうな・・・・・、改めてそんなことを実感しました。
 半原が今後も、先人から伝えられた撚糸の文化と工芸を継承し、愛川町の地場産業としてますます発展されます様、心より祈念しております。
 最後になりますが、このコラムを書くにあたっていろいろとご教示下さった方々を紹介させて頂きます。
 文中の「お孫さんの内藤国蔵さん」は94歳というご高齢ですが、なおかくしゃくとしていらっしゃいます。ご親切にも内藤家に伝わる図面や写真などの史料を見せて頂き、また、貴重なお話を聞かせて頂いたことにお礼と感謝を申し述べ、末永いご健康を心よりお祈り申しあげます。末男さん、秀也さん、お二人のお父様は丹沢山系より一定の寸法に切り出した木材を谷間に集め、堰を作り、水を溜めては堰を払い川下の馬車や車両等の出入り出来る場所まで流す(木流しと呼んでいた)責任者をしていて、文字を書くことも多かったことも有るが筆も立ち、立派な父だったと末男さん、秀也さんは話す。
 小島末男さんご兄弟にご教示頂き、半原の近代の歴史への導きの糸とさせて頂きました。
また、資料につきましては、半原撚糸協同組合専務理事の落合勝司氏、愛川町教育委員会の山口研一氏に多大なご協力を賜りました。心より感謝申し上げます。
 以上の方々の貴重なご教示にも関わらず、なおコラム中に錯誤等があるかも知れません。記述に関する一切の責任は筆者にあることを申し添えます。
 参考資料  愛川町郷土史・半原撚糸協同組合氏
         愛川町郷土博物館展示基礎調査会報告書第7集
         相模原市緑区寸沢嵐1755
Copyright (C) 2001 Oshidasangyo Corporation. All rights reserved.